中国語・中国の会計でのマナー〜中国旅行への道②〜

中国語では割り勘をAA制と呼ぶ

これって不思議ですよね。
そもそもの割り勘の文化を学ぶと由来が分かってきます。
まず、割り勘とは大航海時代の欧米の海上貿易をしていた商人に由来します。
当時、欧米では商談のために会合や食事会を持つ際に当初は持ち回りであり、
移動の多い商人からはきちんと費用を回収することが難しかったため、
負担が誰かに集中しないよう、このような割り勘の習慣ができたのです。
これを英語では「Acting Apointment」と言い、
中国語では単語のは頭文字をとって「AA制(AAjai)」とい呼ぶようになりました。

中国では割り勘はNG

中国は割り勘の文化がありません。

中国では、持ち回りで交代交代に全額支払っていきます。
その為、割り勘=貧乏くさい、いやらしいというイメージがあります。

なので中国では知人同士で食事をする際に、
割り勘を勧めることは失礼に当たります。
気をつけましょう。

「今日は私が支払います」を中国語にすると…

今天我请你
jintian wo Qing ni
请=奢る

「次回の支払いはよろしくね」を中国語にすると…

下次你请我
xiaci ni wing wo ba
下次=次回、吧=強調表現

「ありがとうね」を中国語にすると

谢谢
xiexie
これは言わずもがなですかね。