航空券を格安で予約する方法〜JAL、ANA 編〜

高すぎる…。休み時期の航空券代

2019年GWは大型10連休でしたね。
皆様ご存知の通り海外旅行需要が凄く、航空券代も非常に高かったと話題です。
とはいえ、他にはお盆時期や年末も非常に価格が高騰します。

そのような状況の中で、どうすれば安く航空券を購入できるか。

今回は、チケットの購入の「タイミング」
をテーマにお教えします。

このタイミングですが、
『ナショナルエアライン』狙いか『LCC』狙いか
で異なってきます。
それを説明した上で、ナショナルエアラインの購入タイミングをお教えします。
これはGW・お盆・年末などのハイシーズン限定です。

ナショナルエアラインとLCCでは価格の設定基準が違う

ナショナルエアライン=カウントダウン(時期連動型)運賃
LCC=空席連動型運賃 

カウントダウン運賃とは、時期が早ければ早いほど安くなる制度です。
基本的にはナショナルエアラインのみが採用しております。
それなら早ければ早いほどいいのか?
と言うとそうではありません。予約がいくら早くとも割引には上限がありますので、
また別途購入タイミングがあります。それは後ほど。

空席連動型運賃とは、その名の通り空席が多いほど高く、空席が少なくなるほど高くなっていきます。
つまり、キャンセルなどで空きが増えたりすると、直前でも安くなっていきます。

LCCについては下記を参照してください。
https://chika-tabi.com/2019/06/15/highseason-ticket-lcc

ナショナルエアラインはいつが買い時?

先ほどの説明だと、
「早ければ早いほど予約すれば安いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、
航空会社の事前購入割引(早得のようなやつです)に加えて、
各代理店(予約会社:エアトリ、MyTripなど)による割引もございます。
この割引は、各代理店が航空会社から独自に仕入れることで得ているものです。
この各代理店により安くなる金額は、空席に連動して変わってくるのでタイミングが重要なのです。

それでは、どのくらいのタイミングが重要なのか・・・。
人間の行動心理を考えることで紐解けます

ズバリ!

お盆(夏休み)      =5ヶ月前(その年の3月頃)
GW(ゴールデンウィーク)=10ヶ月前(前年の7月頃)
年末年始         =13ヶ月前程度(前年の12月頃)

人間の行動心理・・・。
つまり大衆が予約を考え始める前に、先に行動するのです。

お盆(夏休み)の旅行の多くは、
GWの直前くらいから考え始める傾向にあります。
雑誌などで夏休みが取り上げられるのはGW 直前直後です。
「GWの予約も落ち着いたし、そろそろ夏も考えなきゃな・・・。」
となるのです。その前に予約が狙いどき。

GWの予約は、お盆(夏休み)前です!
「お盆(夏休み)も落ち着いたし、来年のGWそろそろ考えなきゃ!」
なので9月頃から一気に高くなります。その前の7月を狙いましょう。

年末年始!
こいつは曲者です。
他と比べて特殊で、
年末年始が終わると、来年の年末年始を考え始めます。
GWやお盆は、直前のイベント終了時が大半なのですが、
年末年始は1年越しの計画なのです・・・。
なので、前年の年末年始が訪れる前に予約するのがベストです!

 

 

まとめ▼

ナショナルエアラインの最適予約時期は、
お盆(夏休み)      =5ヶ月前(その年の3月頃)

GW(ゴールデンウィーク)=10ヶ月前(前年の7月頃)
年末年始         =13ヶ月前程度(前年の12月頃)