米映画大手ワーナー・ブラザースが、小説や映画で世界的な人気の「ハリー・ポッター」のテーマパークを、2023年春をめどに東京都内にオープンさせることが分かった。都市型遊園地「としまえん」(東京都練馬区)が今年以降に閉園した後、ワーナーが跡地の一部に建設する計画だ。

■ワーナー 一部借地

 ワーナーは、西武グループが所有する敷地(約20ヘクタール)の一部を借りてテーマパークを作る一方、東京都が残りを買収し、一帯を大規模公園として整備する方向だ。としまえんの遊戯施設やプールは順次閉鎖する。ワーナーと西武、都などが協議を進めており、今春にも正式に決定する見込み。

 テーマパークの中身は、映画撮影に使われたセットを見学できるロンドンの施設を参考に検討が進んでいる。ロンドンでは、巨大な魔法学校のホールや商店街、鉄道などのセットを散策したり、魔法のつえなどの小道具を間近に見学したりすることができる。こうした施設は、スタジオ型とも呼ばれる。乗り物型アトラクションがある米国のユニバーサル・スタジオや、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)とは異なるタイプとなる。

 としまえんは1926年に開園し、遊戯施設やプール、温泉施設などがある都内有数の遊園地。都は2011年の東日本大震災後、防災対策の一環として大規模公園にする計画を決めた。都は西武側に買収を提案したが、近年は交渉が停滞していた。関係者によると、昨年頃からハリー・ポッターの施設を提案したワーナーが加わり、交渉が再び動き出した。

読売新聞オンライン 【独自】としまえん跡にハリポタ「テーマパーク」…23年春めど

 つまり、ハリーポッターを模した街を楽しむことに特化した美術館のようになるのです。記事にもありますが、「ロンドンのスタジオ」が類似しているようですね。それでは、ロンドンのハリーポッタースタジオを紹介することで、2023年春の日本で開園されるものの予測をしていきたいと思います。

※まだ閉園を検討している段階のようなのでご注意ください

ロンドン ワーナー・ブラザーズ・スタジオの
ハリーポッターテーマパークを検証

ハリーポッターの本場ロンドンのワーナー・ブラザーズ・スタジオには、ハリーポッターの映画に使われたセットや小道具を見られるスタジオがあります。

混雑具合

 入場するためには見学ツアーチケットを予約しなければならないようで、毎日混雑しており入手困難が続いているようです。1ヶ月先、2ヶ月先の予約が埋まっていることがザラにあるようです。

料金

ロンドン市街から送迎付きのツアー代金がおおよそ80ポンドくらいです。日本円にすると10,000円前後になります。結構良い金額しますね。チケット代単品は45ポンドなので6,000円くらいです

 

ロンドンハリーポッタースタジオの料金

・送迎付きオプショナルツアー=11,300円前後
・ツアーチケット代単品=6,350円前後